サムスン電子の歴史
韓国の企業。韓国国内最大の総合家電、電子部品、電子製品メーカー。社員19万人、世界各地に65の生産法人と130の販売法人を展開。幅広い電子機器を製造。 1969年にサムスン電子工業株式会社設立。1998年には日本サムスンを設立。ソニーと合弁で液晶パネル製造会社の設立や、東芝との光ディスク装置の合弁会社の設立など。 サムスン電子の社名は「大きく、明るく、光る3つの星」を意味しています。ロゴデザインに関しては、柔軟性と単純さを強調。宇宙と世界の舞台を象徴する楕円かr革新的なイメージを表現しています、共通カラーはブルー。 安定感と信頼感を与える印象として、親しみある企業の意思が込められ、責任感をも象徴しています。
デザインに力を入れるサムスン
近年、消費者向け商品のデザインに力をいれ、本社ビル内にデザインセンターが設置。各国の有名デザイナーと共に、優れたデザインを2年周期でデザインを見直しています。 デザインセンターは他にソウルを始め、サンフランシスコ、ロンドン、東京、上海などに設置されています。研究・開発のための技術研究所も世界に多数存在。 環境問題にも積極的で、グリーン経営を目指し、2009年、サムスン電子は、グリーン経営のビジョン「Planet First」を発表。温室効果ガスの削減や、エコ製品の販売拡大等を提示。持続的な取り組みを実践しています。
現在のサムスン電子
韓国のテグの小さな輸出業から始まったサムスン。今日ではエレクトロニクスや慈雨化学工業など様々な分野で幅広く事業を展開する企業に成長。 デジタル製品の研究や、開発、製造などで活躍し、携帯電話などの製品で世界シェア1位を獲得するまでにいたっています。 常に世界上位の売上高を誇る電子企業となり、ブランド力は、総合電気電子メーカーとしてはトップクラス。2009年9月のEUとのFTAの締結交渉の妥結により、韓国はEUの高い関税が撤廃。
サムスン電子の製品
■GALAXY S SC-02B
世界モデル「Galaxy S」の日本モデル。サムスンが日本市場に初めて投入したAndroid OS搭載端末。有機ELディスプレイ「SUPER AMOLED」を採用。国際ローミングが利用可能。

■GALAXY J SC-02F
GALAXYシリーズでは初めての日本市場特化モデル。サムスン電子ジャパンが製品デザインを担当。Android4.3搭載。高性能2.3GHzクアッドコアCPU搭載。快適な操作性を実現。

■GALAXY Note SC-01F
SC-02Eの後継機種。NTTドコモ端末でNOTTVの受信機能搭載。Android4.3初期搭載。5.7インチ大型ディスプレイ。FULL HD SUPER AMOLEDの採用で、鮮明度、描写品質をを高めました。

■GALAXY S4 SC-04E
SC-06D、SC-03E後継機種。日本向け仕様として赤外線通信・NOTTV対応。さらにFeliCaにも対応。ドコモ限定カラーとしてBlue Arctic。薄くテ軽いプレミアムデザイン。1,320万画素のカメラも搭載。
買取金額超強化中!!
無料査定はこちらから
携帯買取までの流れ
携帯買取までの流れ
サムスン電子のスマートフォン・携帯買取中
法人・企業の皆様へ