パナソニックの歴史
パナソニックは日本を代表する電機メーカーのひとつで、日本最大の総合家電メーカー。旧社名は「松下電器産業株式会社」。2008年10月1日に「パナソニック株式会社」へと社名変更されました。 1927年の自転車用格型ランプの販売や、1931年のラジオの生産開始等をはじめとして、ラジオの重要部の特許を買収し、同業メーカーに無償で公開。戦前のエレクトロニクス業界の発展に寄与しています。 その後、軍需品中心の生産体制に移行していきますが、戦争により、各地の工場などほとんどを失ってしまいます。戦後は制限会社の指定を受けるなどしてしまいます。 日本ビクターとの資本提携や、「街の電器屋さん」などの発足で、高度成長期には、強大な販売網として機能。ビデオテープレコーダーや蛍光灯「パルック」、冷蔵庫等を発売。後に、AV家電やデジタルカメラなどの展開。
携帯電話に特化したメーカー
家電製品の他、産業機器、通信機器などを展開。 2003年松下グループの再編によって、携帯電話に特化したパナソニックグループの移動体通信端末メーカーとして「パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社」を発足。 設立は、1958年の「松下通信工業株式会社」で、1968年のポケットベル生産の開始から、1979年には日本初の自動車電話生産の開始など、先駆的な移動体通信の端末を手がけてきました。 2003年の現社名「パナソニックモバイルコミュにメーション」への変更と同時に携帯電話の端末製造に事業を特化。2008年3月には、業界で初の携帯・自動車電話端末納入台数1億台を達成しています。 パナソニックグループ内や周辺地域からはPMCの略称で呼ばれています。
現在のパナソニック
"新たなブランドスローガンとして「A Better Life,A Better World」を制定。 パナソニックコミュニケーションモバイル株式"会社では、グリーンプロダクツといった環境配慮設計に基づいた製品の対応を進めたり、パナソニックPSN(横浜)、PMCグループとして環境ISO活動をしています。 さらにモバイル・リサイクル・ネットワークを通じてブランドにこだわらず、使用済みの携帯電話・PHS本体、充電器、電池を自主的に回収、資源有効利用に取り組み、環境活動をしています。
パナソニックの製品
■P-01F
押しやすい大きなボタンと、見やすい約3.4インチの大画面。写真や文字を大きく表示できます。約510万画素のカメラやワンセグ、防水・防塵仕様など、多彩な機能を搭載しています。

■P-01E
シンプルなデザインは飽きのこないシンプルフォルム。大画面でダイナミックな風景画も楽しめます。さらに人間工学に基づいたボタンは位置で、使用感も抜群。多彩な機能でかんたん便利なコンテンツも搭載しています。

■103P
8色展開で日常を彩ります。手のひらにフィットするフォルムと押しやすいボタンデザイン。「インテリジェントオート」搭載の510万画素カメラ他、長時間待受けや、緊急速報メールなど、充実の機能を搭載です。

■102P
薄さ7.8mmのスタイリッシュな軽量スリムボディ。コンパクトなボディながら有機EL4.3インチの大画面で、色鮮やかな動画や静止画を楽しめます。 セキュリティ機能の充実や、パソコンとの連携でビジネスシーンに役立つ機能も、満載です。
買取金額超強化中!!
無料査定はこちらから
携帯買取までの流れ
携帯買取までの流れ
パナソニックのスマートフォン・携帯買取強化中
法人・企業の皆様へ