ノキアの歴史
フィンランドの電気通信機器メーカーノキア。携帯電話端末では世界最大の社で、史上占有率および販売台数の両方で、1998年から2011年まで首位を維持。現在は第二位。 1865年製紙会社を設立。フィンランドの南西部のノキアに移り、社名を現在のノキアと名付けられました。1970年代後半から80年代かけて、国内外向けに携帯電話や通信関係の製品の開発。1980年代電子計算機部門に進出。 Mikromikkoのブランド名でパソコンを生産。1990年代には携帯電話他電気通信分野に絞って業務を展開。高機能かつデザイン性の高いノキアの携帯電話が生まれていきます。2002年高級携帯電話部門であるVerthを展開。 日本では2008年に日本市場から撤退。独特のデザインや丈夫さなどから人気は健在。最近ではWindows Phoneにを中心にしている店からも、Windouws Phoneシェアのほとんどを占めています。
通信部門と移動電話部門が中止となって会社を支えたノキア
1990年代当初の深刻な景気後退後、通信部門と移動電話部門が柱となって会社全体を支えました。 景気悪化野中迅速に巻き返し、1992年にはヨルマ・オリラがCEOに就任すると通信に商店を絞り戦略を打ち出します。こういった戦略により、世界各国でノキアは市場地位を確立。 世界最大の携帯電話メーカーへとなっていきました。その後、携帯電話加入者数が急増。価格も急落していきます。 そんな中ノキアは機能性だけではなく、デザイン性や持やち主の利便性に合ったものなくてはならないと早い段階で主張。 シンプルでスタイリッシュなデザインで利用者にとって便利でやさしいものとして先進の商品、サービスを提供していきました。
現在のノキア
マイクロソフトによってノキアの携帯事業の買収が決まり、ノキアの元従業員たちが設立した「Jolla ヨーラ」は、 ノキアができなかったソフトウエア「MeeGo ミーゴ」を搭載するス端末でスマートフォンに参入します。2年以上前からスマートフォンへの取り組みを開始したヨーラは、当時ノキアが事業縮小している中で新規事業を展開。 フィーチャーフォンからスマホの時代に変化する環境中発売されるヨーラは、価格を高く設定。他の端末との差別化をはかります。 新型機は.5インチのディスプレイに8メガピクセルのカメラ、LTEに対応、高速4Gネットワークにも対応。Androidアプリが使える予定。
ノキアの製品
■NM850iG
日本国外でNokia 6630として発売されているもののドコモ向けカスタマイズ仕様。国際ローミングサービス「WORLD WING」対応端末。

■NM705i
Nokia 6120 classicとして海外で発売されている機種をベースにNTTドコモむけに変更したもの。ドコモのサービスiモード、iアプリに対応。コンパクトサイズでBluetooth・FMラジオを搭載。

■NM706i
ノキアの海外モデルNokia 6124classicをベースとした端末。コンパクトなストレートタイプ。艶のあるボディで裏面にはマットな質感。「WORLD WING(3G+GSM)」に対応。英和辞書や、世界時計等を装備。

■E61
幅広の本体、横長のキーボード。Microsoft Office文書の閲覧、編集機能を搭載。日本では日本語化されたNokia E61スタンダードバージョンとして発売。
買取金額超強化中!!
無料査定はこちらから
携帯買取までの流れ
携帯買取までの流れ
ノキアのスマートフォン強化月間!携帯買取中です。
法人・企業の皆様へ