ブラックベリーの歴史
カナダのリサーチ・イン・モーションが1997年に開発したスマートフォン。もう米のビジネスマンを中心に広く使われ、"世界で175カ国7,000万人以上が利用。 1億5千台以上が販売。日本国内では約4,000社が導入。"日本では2006年NTTドコモがBlackBerry 8707hが法人向けサービスBlackBerry Enterprise Serviceの販売を開始。 サーバーとのセットで企業向けに提供。2008年には個人向けにBlackBerry Internet ServiceがNTTドコモから販売。2009年にはNTTドコモUSAがアメリカ在住日本人向けに日本語対応BlackBerryno販売を開始。 2009年にはハイスピードに対応。iTunesとの連携がとれる機種の日本発売。2010年ドコモスマートフォンシリーズBlackBerry Bold 9700の発売開始。Spモードメール対応。利用料金の大幅値下げ、Webフィルタリング開始。
海外で人気のスマートフォン
日本国内ではスマートフォント言うと、iPhoneやAndroidをすぐに想像しがちですが、海外では、最強のメール環境やバッテリー、さらにはデザインにも優れていて、多様な機種とカラーで人気です。 QWERTYキーボードでの長文入力や、画面タッチなどの画面操作もでき、さらにSNSなどもかんたんに操作可能。無線LANやFOMAハイスピードに対応で、高速データ通信が可能。WORD WINGにも対応しています。 携帯電話とパソコンを融合させたハイスペックな世界が認めたスマートフォンです。
現在のブラックベリー
BrackBerryをベースにセキュリティ等を強化したビジネス向けのシステムが各社に提供。世界30カ国以上でサービスを展開。 アメリカでは300万人以上が使用しているといわれ、利用者が急増。企業情報システムのASPサービス化が進み、BlackBerryの影響も大きいです。 BlackBerry向けプロ倍だの「BlackBerryインターネットサービス」もあり、アクティブなネットワーク環境を実現。 いつでもメールの送受信や、ウェブサイトの閲覧、メッセンジャーサービスの利用の可能。またiモードメールアドレスの利用も可能です。
ブラックベリーの製品
■BlackBerry 8707h
日本で初めて発売された機種。メーカーブランドとして販売。日本のほか、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、豪州で世界中で発売。FOMA回線で利用可能。

■BlackBerry Bold
ドコモブランドで初めて販売。モバイル通信機能は3Gnitaiou .FOMAプラスエリアに対応。NTTドコモの国際ローミングサービスでWORLD WINGの利用で、海外でも理容可能。高機能カメラや高精細液晶を搭載。

■BlackBerry Bold 9700
BlackBerry Boldの後継機種。NTTドコモからドコモスマートフォンシリーズとして2010年7月から発売開始。メッセンジャー機能の強化で、SNSなどとの連携機能を強化しています。

■BlackBerry Curve 9300
日本で初めて発売されるBlackBerry Curveのシリーズ端末。NTTドコモから発売。端末の重さは103gと軽量化。QWERTY配列キーボードのストレートタイプ。 入力言語や表示言語が日本語の他、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、中国語、韓国語に対応。
買取金額超強化中!!
無料査定はこちらから
携帯買取までの流れ
携帯買取までの流れ
ブラックベリーのスマートフォン・携帯買取
法人・企業の皆様へ